スポンサードリンク

2009年09月29日

『ウェルかめ』が始まった

さてさて〜♪
NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』
はじまりましたね^m^

先週の『つばさ』の最終回、なんじゃあれ(ーー;)
って感じで、今まで見ていたNHK朝の連ドラの中で
一番っっツマラナイと思いました。

今週から始まった『ウェルかめ』はどうかな〜
いまのところ、面白いかな〜(ってまだ2話目ですけど)

主人公は倉科カナ(くらしなかな)
1987年熊本生まれ。

ミニドラマ「根津サンセットカフェ」(2006年TBS系)で
ドラマ初主演。映画「スーパーカブ」「ぼくたちと駐在さんの
7日間戦争」「砂時計」(全て08)に出演。

08年は「土曜スタジオパーク」(NHK総合)で
アシスタントMCとしてレギュラー出演するなど、タレントや
役者として活躍中。

なるほどネ。あんまり見たことない子だと思ったら
私が見ていない番組や映画に出ていたのね。(^_^.)

太平洋を望む徳島県を舞台に、失敗と挫折を繰り重ねながら
健やかに成長していくヒロインを演じる。

健やか=NHKって、まんまですな。笑

たまたま昼休みに日本生命のオバチャンがきていて
ザテレビジョンを配っていたのでそこから抜粋。

■■あらすじ■■
一流の編集者を目指すヒロインが生まれ育った港町の自然と
向き合いながら成長する青春ドラマ。
 小学6年生の美波(なみ)(小酒井円葉)は、尊敬する
プロサーファーの父・哲也(石黒賢)、民宿を切り盛りする
母・加代(羽田美智子)と徳島・美浜町に暮らす。
そんなある日、留守がちな哲也が久しぶりに帰宅する。
再会を喜ぶ美波だったが、哲也はプロを引退すると告白し、
ショックを受ける。
そんな中、波美は地元出身で外資系ファッション雑誌の編集長
をする摂子の講演会に参加。編集者の華やかな仕事に憧れる。
 そして大学卒業後、波美は念願の雑誌編集者として働き始める。

う〜ん。。ラジオの次は雑誌編集者ってか。
徳島・自然・雑誌編集者とどういう風に絡んでくるんだろ。

ちゅらさんのような面白いドラマに今度こそなるとイイです。
どんど晴れも良かったな。

旅館の女将や仲居さんのドラマってウケがいいような気が・・
民放でお昼のドラマやってたよね?シリーズ化してたし。

とりあえず、今後に期待〜〜♪♪(*^_^*)

でも、『ウェルかめ』ってどういう意味?
ウェルカム+亀ってこと????汗
posted by チョコ at 15:48| ウェルかめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
dummy dummy dummy
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。