スポンサードリンク

2007年11月05日

ちりとてちん 桂吉弥 

NHK朝の連続ドラマちりとてちんが、
落語ばっかりになっているこの頃・・・
(落語家のドラマだからしかたないのか。。汗)

とうとう落語家四天王?がでてきたじょ〜〜(ーー;)
四天王っていうんかい?

以前、草々(青木崇高)が言っていた、
『オレには兄さんが一人おるんや・・・』

というのは兄弟子だったのねん。

明日から出てくる兄弟子さんたち。

明日は徒然亭草若(渡瀬恒彦)の元弟子。
草々の兄弟子にあたる草原さんが出てきます。

実はこの草原(そうげん)さん、本物の落語家さん。
桂吉弥(かつらきちや)といって若手落語家のホープとして
日々勉強中なんだそうです。

そんなホンマモンの落語家さんが、する役どころ・・・

落語家なのに極度の上がり症でなかなか芽が出ず、
草若が落ちぶれた後は、落語を離れてサラリーマンをしている。

だって。ぷぷっ(笑)

本物の落語家さんなのにねぇ〜。。

ドラマでも早く本物の落語家さんの話を聴いてみたいところです。

草々(青木崇高)の『ヴェッ!ヴェッ!ヴェッ!』とかいう
落語の話の練習にはもう飽きたよ・・・(T_T)

落語って聴く機会まったくないからなぁ〜

NHKが朝の連続ドラマで落語の話ってことは、
流行ってるのかな?それとも流行るのかな??
ラベル:桂吉弥 落語
posted by チョコ at 15:39| ちりとてちん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
dummy dummy dummy
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。