スポンサードリンク

2008年03月31日

ヒロイン瞳 榮倉奈々

NHK朝の連続テレビ小説『瞳』が始まりましたね〜(^−^)

ヒロイン役の瞳(榮倉奈々/えいくらなな)ちゃん
札幌在住のストリートダンサーで20歳という設定。

こっからが、もう前作の『ちりとてちん』と全く違うのね。

そして、あっという間に1話目から舞台は東京の月島に。

今回は、児童相談センターがでてきたり、里親制度とか
東京都の『養育家庭制度』を題材にしたテーマとか。

重い・・・・重いんじゃぁないのかい・・・NHK・・・

おじいちゃん役の西田敏行、木の実ナナとか、
母親役が飯島直子、菅井きんとか脇役陣に助けられてる感じ。

一本木家の人々として(スゴイ苗字だね。)

●一本木瞳(榮倉奈々)
プロのヒップホップダンサーを目指す。
一本気で涙もろく情に厚い。(江戸っ子って感じだね。笑)

●一本木勝太郎(西田敏行)
用品店を営みながら里子を養う。
娘の百合子とは、彼女の結婚後から不仲に。

●一本木百合子(飯島直子)
札幌の化粧品会社勤務。瞳が8歳のときに離婚。
シングルマザー

●佐野明(吉武怜朗)
成績優秀な中2。親の失踪で里子となり8年経過。

●岡友梨亜(森迫永依)
親の激しい虐待から逃れるために3年前から里子に。
小5。

●斉藤将太(中村咲哉)
2年前から里子に迎えられる。8歳。
母親のネグレクト(育児放棄)が原因

すごい環境なんですね・・・(^_^.)

それをヒロインの一本木瞳(榮倉奈々)がダンスをとおして
子供達の心をひらいていくというお話とか。

伝説のダンサーKENに
エグザイルの眞木大輔さんも出ます。
タグ: 榮倉奈々
posted by チョコ at 00:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
dummy dummy dummy
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。